あみぐるみ・ニット・刺繍など
ハンドメイドが好きなちのんのブログ。
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
“あくまき”食べてみました
先日、鹿児島出身の友人に「地元の名物を取り寄せたのであげる」と頂いた“あくまき”というもの。その人は家の中でも自分は好きだけど妻は食べないんだよねーと言うのでどんなにクセのあるものなんだろう…と非常に恐る恐る食べてみました。

竹の葉にくるまれたあくまきは手で持つとぷよんぷよん。。。あくまきとは、『九州南部の保存食で餅米を灰汁で煮たもの』なんだそうです。

開いてみた。ねっとりとした謎の塊…

郷土的なものってくさやとかフナ寿司とかそのあたりのものを想像してたのですが、特に強烈の臭いもなく、つぶつぶが残ってるお餅のような感じでした。ここに黒砂糖ときな粉を合わせたものをかけて食べるそうで、粒の残っているきなこもちでした。


頂いた時は正直、怖かったんだけど普通に美味しかった。ケンミンショーとかで紹介されるかもね(笑)


ちのん:いとうたかこ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ {og_image}
2015年までのたべもの comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.chinon.ciao.jp/trackback/994833
<< NEW | TOP | OLD>>